2017年4月25日火曜日

佐賀センチュリーラン 2017春

何年ぶりになりますか、参加するのは。

去年の秋、写真撮りに来て、やっぱり走る方が良い と思ってしまった。

中毒じゃ。

今回は自分とO石君、それにMTBでH田さんとその後輩さん。

とりあえず今年初めてのビデオも装備。

ついでに自走です。

参加は200人くらい。 天気良し。

ゆっくり走ろ・・・ と思いつつ 10人くらいの集団中ごろに待機。

相も変わらず、先頭固定なので ついつい前へ。

後ろが千切れない程度の速度で進むも、登りに入るとバラバラ。


その勢いで唐津への下りへ向かうが、キッチリ向かい風。

唐津に降りると、なぜか先頭になっている。

まあゆっくり走るから良いか。後ろには20人は居るようだ。

中心街を抜け前方がクリア、風は追い風、追い風番長の足の見せ所だ。

8人ほどに減らしたところで、後方へ下がる。

後は厳木まで休憩です。
写真は、古賀さんから頂きました。

唯一のエイドからは11kmの登り。

ヒルクラの練習のため と自分に言い聞かせ リュックと重たい自転車でGO。

速い人は粗方先頭の方で走っているので、ほとんど抜かれることは無い

が、   「熊大?」の人に後ろ付かれて千切られてしまう。

登りアタックの練習をしてみようか悩む間に置いて行かれる。

後半 おじちゃん(お前もだろ)が仕掛けてきたので、チュッチ反応。

でも、なんか嫌な感じだったのでイーブンペースに戻す。

おじちゃん 姿を消す??

後でビデオを見ると、力尽きて崖に寄りかかってたじゃないか。

大丈夫だったのか。

最後の下りも向かい風。ゆっくり下ってゴール。

メーター読みでちょうど3時間でした。

今回はO石君にもビデオ持ってもらったので、私の背中が映っていますね。

細切れの無編集18本だから、面白みに欠けますけど。

あっ それと唐津への激しい下りでフロントカメラが脱落。

辛うじてストラップで命拾いしましたが、そのせいか、フロント映像は全くダメでした。

panaのカメラは軽いんですが、マウントが甘いですね。

以上、次回は国東160㎞です。  ゆっくり走ろっと。

2017年3月20日月曜日

第2回つばきカップTT

第2回つばきカップTTを、見てきました。
画像に含まれている可能性があるもの:屋外

今回も出ていませんが、第1回も出ていません。  失礼。

だって、3月は忙しくて、体も出来ていませんもの。

他の日程でやってくれんかな、 と思いましたが、

ツバキ祭りと一緒の様で、この日程は外せないですよね。

内容はもうみなさんご存じでしょうが、距離は短く 超激坂。

あんな坂 誰が上るか¡! という坂を上ります。

100名ほどの参加ですが、押しが入った人が結構いました。

というか、一度降りたら中々乗れないです。 急坂過ぎて。

さて今回は、ゴール前20m付近で最後のアタックを掛ける選手を撮ってみました。

以下のリンクから、ご覧ください。

https://goo.gl/photos/G6sfoD8a2y3MrBCj9

2016年10月24日月曜日

伊王島TTはどのバイクで?


諫早から伊王島へコースが変わったTTレース。
2.1kmの往復コースになり、よりTT色が薄くなった様な。
去年一昨年とTTバイクで出場したが、年のせいかタイム伸びず。
さて、どちらが良いか乗り比べ。

ロードは、先日の佐伯でDHバーポジションが良かったので、そのセッティングで。
あくまで、ロードポジションから前傾。
基本回しの乗り方です。
楽なんですが、前傾が浅い。
踏み込むには、サドルが低くすぎ。

TTバイクは、当然前乗り、サドル高め、前傾キツめ。
踏み込み易くパワーは出しやすい。
ただ、身体が堅くパワーが無いオヤジでは長続きしない。
後半ダレるのは目に見えている。
抑え気味に走ってタイムが出るのか?


まぁ格好的にはTTバイクが良いのだが。
重いしUターンが多いし。
もう少し乗り比べてみよう。

あっ、これ、違った!




2016年10月16日日曜日

佐賀センチュリーラン 秋の陣 応援の巻き

佐賀センチュリーラン2016 秋

久方に出ようかなと思ったときには、受付終了。

まあ9月に入ってからじゃ遅いに決まっている。

という事で、O石君も出ているので写真でも撮りに行こうかな。

α6000もあまり活躍していないので、実力評価もかねて。



当日、天気が良すぎて影が出来過ぎる。

場所選びが大変


第一ポイントは、前半の出すを渡る橋近辺。

橋の手前十字路への、高速で登ってくるところ。

以下 写真のリンク先です。

https://goo.gl/photos/3pyrL9J2p8NcdUCh6

https://goo.gl/photos/mnhN68x7YHXaSie19

https://goo.gl/photos/fWANypWGtsUMLm2E8



自作リカベントの人も楽しんでいる模様。でも下りは怖いだろうな。

とりあえず、ビデオも撮ってみました。



第二ポイントは、天山への登りで一番きついと思われるU字登りの所。

下から見ると、心が折れます。

ここで「もうダメ降りよう」と思う人にカメラ向けて、もうひと頑張りしてもらう作戦です。

O石君も 笑顔???

もちろんビデオも。




但し、写真はメモリ不足で後半の人が撮れず。

ビデオは、もっと早い段階でバッテリー切れ。

後半の人 ごめんなさい。

撮影終了後は、坂を上り返してゴール地点んへ。

「ハイハイ、選手はこっちへ~」  あたしゃ違うんですけど。・・・

2016年10月2日日曜日

佐賀センチュリーランに応援

今日は佐賀センチュリーランへ 応援 です。
と言っても写真撮るのがメインかな。

スタート直後の橋手前と天山への登りで撮影。
α6000のお出ましでした。

調子に乗って撮っていたらメモリーが無くなりました。
後半の方、撮れなくてごめんなさい。

下のリンクから見れます。 https://goo.gl/photos/3pyrL9J2p8NcdUCh6 https://goo.gl/photos/mnhN68x7YHXaSie19 https://goo.gl/photos/fWANypWGtsUMLm2E8



2016年6月18日土曜日

壱岐サイクルフェスティバル 2016オンボードビデオ

2016 壱岐サイクルフェスティバル ビデオ完成です。

今回はデーターメーターをちょっと変えてみました。

相変わらずのヘタレ具合ですが。

天気は曇り、路面一部ウェット。風そこそこ強し。

かなりDNSがあったみたいですね。人数少なし。






38列目からのゆっくりスタートです。

前半のアップダウンはゆっくり走行。徐々に前に出ていきます。

平地に入ると10数人の集団に合流。

ここでチームFのメンバーと合流。

徐々に前の集団を吸収して30人ほどに膨れ上がる。

中盤に位置したので前の状況が判らず?

速度上下が激しくいまいちノリが悪い。

芦辺港を過ぎると益々人数が増えてきた。

勝本の手前登りで減速してきたので、勢いで先頭へ。

その後 後方へ。いつもはこの辺りから千切れ始めるが、今年は何とかついていく。

猿岩の登りも良い感じで行ける。

この辺りから、人数が絞られる。

バラケながらも集団に残り三段坂前の平地へ。

皆、登りに備えて動こうとしない。

そこへ・・・・・。

30kmクラスのMさんのロケット逃げが追い越していく。

(いつもだったら30km先導車が来るのだけど今回は気付いていない。
 しかもMさんが30kmクラスだったなんて)

あれー と思っている間に三段坂に入る・・・・・・ と思ったら、30km先頭集団がわっ~と。

自分たちのメンバーとごっちゃになって、頭真っ白に。

とりあえず、登れ  と1段目を駆け上がる。

ビデオ見ると結構前で登り終えていたが、自分の位置を見失い後は集中力切れで

だらだら走行に。

結局、坂で置いていったメンバーにも追い越されだらだらのゴールへ。


タイムも去年より悪かったようです。

まあ平地の速度が遅かったからですね。

後から思うと、チームFのメンバーが3人いたので他に数人誘って集団減らしたら良かったかと。

しかし、いつもそれでヘロヘロになってしまうんですがね。

この位置からタイム上げるのは、中々難しいですね。

2016年6月2日木曜日

高千穂ヒルクライム2016 オンボードビデオ

ほーんと 久しぶりの更新です。

最近Facebookばかりだったんで。

今年は中々イベントに参加できず、やっとまともなオンボードビデオがとれたのが、

この高千穂ヒルクライムです。

コースは例年通りで、前半高速コースで、後半が激坂コースです。

ビデオは50歳台クラスです。

スタート直後、ものすごい勢いで追い越してくる選手がいますが、ブリジストンの藤田選手です。

このクラスの最後尾からスタートして・・・。

まあ、皆釣られて最初から高速レースになりました。

おかげであっと言う間に置き去りです。

では、前置きはこの位でビデオへどうぞ。